top of page
検索
  • 執筆者の写真qualiatomigaya

コオディネーション能力のご紹介Vol.1

クオリアキッズトレーナーの矢萩です。


ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。


さて、前回のブログで書きました「7つのコオーディネーション能力」について

書いていきたいと思います。


まずは7つの能力から↓↓↓

① 分化能力

② 連結能力

③ 反応能力

④ 定位能力

⑤ バランス能力

⑥ 変換能力

⑦ リズム化能力


なんとなく聞いてパッと想像がつくものもあるかもですね。

逆に分化能力や連結能力など想像が付きづらいものもあるかと思います。


この7つの能力を体験していくことで運動神経が発達していくことになります。


さてさてそれでは、今回はまず①の「分化能力」についてお伝えしていきたいと

思います。


なんだか「分化」って難しい言葉ですね。


この分化能力は、どんな能力かというと、個々の部分身体動作を経済的に目的に

応じて精細に調整することができるようになる能力です。


いやいや、こう聞くともっと難しいですね・・・。


例えば、輪投げをした際に1回目が強すぎて狙ったところを外してしまったとします。


みなさんは、2回目どうしますか?

そうですね!きっと力加減を調整して狙ったところにいくようにすると思います。


この能力はよくフィーリングに関連づけられることがありますが、実際は意識的に

身体の活動を精密操作する能力に繋がっています。


また身体だけではなく、道具を解して適切な力を使って、その道具を操作する能力でも

あります。


この分化能力は、バランス能力やリズム化能力の前提となっており連結能力や定位能力

と高い関係性にあると言われています。


クオリアキッズでは、子供たちのこのような能力の開発につながるようにクラスを

実施しております。


運動が苦手という子供が一人でも少なくなり、その子の将来が健康であることを

願います!


次回は2つ目の「連結能力」について書いていきたいと思います。


お楽しみに!

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コオディネーション能力のご紹介Vol.3

久しぶりのブログ投稿となってしまいましたが、引き続き書きていきたいと 思いますのでお読みいただき、ご興味持っていただけたら嬉しいです。 今回は「反応能力」について説明していきたいと思います。 読んで字のごとくではありますが、反応能力は、反応する能力でスピードと 密接に関していることが特徴です。 言葉として説明すると 『ひとつあるいは複数のシグナルを素早く認知し、的確で短時間の応答行為が 可能になる

コオディネーション能力のご紹介vol.2

クオリアキッズトレーナーの矢萩です。 本日もブログにご訪問いただき、誠にありがとうございます。 前回は「分化能力」について書いていきました。 詳しくは前回のブログをお読みいただけると嬉しいです。 さて、今回は「連結能力」について書いていきたいと思います。 この能力はスポーツをする上で、まさに“あの人は運動神経が良い”や“あの人は身のこなしが綺麗”などといった表現が当てはまる部分かと思います。 どう

Commentaires


bottom of page