top of page
検索
  • 執筆者の写真qualiatomigaya

『ケガしにくい体を作る』

みなさん、こんにちは。

キッズコーチの中山です。 


今日はケガしにくい体作りのお話です。


スポーツ選手などについて話すときによく耳にするのが

あの選手は「体幹が強いからブレない」「ぶつかっても倒れない」などです。

逆を言うと体幹が弱いとブレやすくぶつかった時に倒れやすいと言う事が言えます。

これはケガの機会が増えそうですね。


日常で言えば

ちゃんと座れないとか

まっすぐ走れないとか

転びやすい なども体幹の弱さからきていたりします。

このままスポーツをするとこちらもケガの機会が増えそうです。



クオリアではスポーツと日常の間を埋めてくれる体づくりの大切な要素として体幹作り運動が必要だと考えています。


ではどうやって体幹を強くしていくのか。また体幹がゼロの時はあったのかなどを中山からは今後お送りしていきたいと思います。


では、お楽しみにー♪



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コオディネーション能力のご紹介Vol.3

久しぶりのブログ投稿となってしまいましたが、引き続き書きていきたいと 思いますのでお読みいただき、ご興味持っていただけたら嬉しいです。 今回は「反応能力」について説明していきたいと思います。 読んで字のごとくではありますが、反応能力は、反応する能力でスピードと 密接に関していることが特徴です。 言葉として説明すると 『ひとつあるいは複数のシグナルを素早く認知し、的確で短時間の応答行為が 可能になる

コオディネーション能力のご紹介vol.2

クオリアキッズトレーナーの矢萩です。 本日もブログにご訪問いただき、誠にありがとうございます。 前回は「分化能力」について書いていきました。 詳しくは前回のブログをお読みいただけると嬉しいです。 さて、今回は「連結能力」について書いていきたいと思います。 この能力はスポーツをする上で、まさに“あの人は運動神経が良い”や“あの人は身のこなしが綺麗”などといった表現が当てはまる部分かと思います。 どう

コオディネーション能力のご紹介Vol.1

クオリアキッズトレーナーの矢萩です。 ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。 さて、前回のブログで書きました「7つのコオーディネーション能力」について 書いていきたいと思います。 まずは7つの能力から↓↓↓ ① 分化能力 ② 連結能力 ③ 反応能力 ④ 定位能力 ⑤ バランス能力 ⑥ 変換能力 ⑦ リズム化能力 なんとなく聞いてパッと想像がつく

Comments


bottom of page